• ホーム
  • 誤った自慰行為を連続ですると早漏になる

誤った自慰行為を連続ですると早漏になる

多様な薬の椀と花

連続で自慰行為をしていると早漏になるリスクが高まります。
男性はパートナーとの性行為がない時は、性的欲求を満たすために自慰行為で処理することが多いです。
しかし女性との性行為と違って、好きないタイミングで射精することができるため、我慢しなくなります。
女性がオーガズムを感じるタイミングで射精しようと努力しなくて良いため、短時間で快感を得ます。
連続することで短時間での射精が脳にインプットされて、パートナーとの性行為に失敗します。
また多くの男性が自慰行為の時に、亀頭だけでなく竿の部分まで刺激します。
敏感なのは亀頭ですが、亀頭だけの刺激では射精を我慢して自慰行為が長時間に及ぶことがあります。
最近は自慰行為を充実させるグッズがインターネット通販で購入できるので、女性との性行為より刺激を感じている男性が増えています。
早漏を治すためには、竿部分への刺激を一切行わずに亀頭だけで快感を得られるように訓練することがポイントです。
毎日実践する必要はありませんが、亀頭への刺激だけで勃起を維持すれば包茎を予防することも可能です。
やり方はむき出しになった亀頭を触ってこするだけです。
勃起状態を長く維持できるので、ペニスのサイズアップも期待できます。
やり方は簡単ですが、最初は快感よりも痛みを強く感じやすいです。
よってローションで滑りを良くし、柔らかい布でこすると赤くなりにくいです。
すぐに渇くローションだと、途中で付け足すので快感が阻害される可能性があります。
亀頭は表より裏側が敏感で、自分が気持ち良いと感じた場所を集中的に触ります。
尿道も強い刺激を得られますが、やりすぎは尿道炎を引き起こして、早漏の改善が遅れるため注意します。

サイト内検索